40代からのプログラミング学習、遅くはありません

プログラミング

こんにちは、じじグラマーのカン太です。
早起きをしては二度寝をしながら、週末プログラマーをしています。

今回の記事は、「40代だけど、今さらプログラミング始めるなんて遅いよなぁ」なんて考えてしり込みされている人いませんか?そんな人向けに、40代50代からでもプログラミングを始めるのは遅くない、というお話を紹介します。

何かを始めるのに遅すぎるということはありません。思い立ったが吉日です。せっかく思いついたことを年齢を気にして諦めるなんてもったいなさ過ぎます。プログラミングも思い立ったときがはじめ時です。

人生100年時代、40代はまだまだこれから

人間の寿命は延びています。人生100年とも言われています。そうすると40代なんて半分も生きていません。戦前までの人生50年時代ですと、20代前半と同じですね。20代前半で何かを始めるのに遅すぎるからあきらめる、なんて言う人がいればぶっ飛ばしたくなりますよね。

40代なんてまだまだ若造です。プログラミングを始めるのに遅すぎるなんてことは一切ありません。

もちろん、40代未経験でプログラミングスクールを卒業して即IT企業に就職、といううまい話はなかなかありません。未経験者がIT企業に採用されるには、年齢が若い人の方が有利です。しかし、プログラミングを学習する目的はIT企業に転職するだけではないはずです

  • 仕事の効率をあげたい
  • キャリアの幅を広げたい
  • 趣味のWebサービスを立ち上げたい
  • 情報取集に活用したい
  • AIを使ってビジネスに活用したい

プログラミングを学習する目的はさまざま考えられます。コツコツ学習すればいろいろなことが可能になります。

ひとつに企業に40年勤め上げて退職金をもらって余生を送る、という人生プランはすでに崩壊しています。人生100年時代、自分なりの人生プランを考える必要にせまられています。仕事を深堀りし、人間関係の幅をひろげる目的でもプログラミングを学ぶ意味はあります。

20代には20代の40代には40代の学習方法がある

学生や社会人になりたての20代と、それなりに仕事人としての経験を積んだ40代では、たとえ同じ未経験からでもプログラミング学習の方法は変わってきます。プログラミングを学習する目的が違うので、その方法が異なるのは当然のことですね。

20代前半までであれば、プログラミングスキルを身につけて就職なり転職なりする目的が多くなるかと思います。そういう人には、プログラムの基礎からみっちり学ぶ方法をおすすめします。

一方で、40代50代になってプログラミングを学習しようと考える人であれば、仕事に利用する、何か新しいことを始めたい、などの明確な理由がある場合が多いのではないでしょうか。理由を明確に意識していない人であっても、中高年になって学習する人は、プログラミング学習が目的ではなくプログラミングが手段になっている人がほとんどです。

40代からプログラミングの学習は始めるなら、その目的を明確にしてある程度絞った範囲での学習をおすすめします。時間とお金に余裕があるなら、目的にあったプログラミングスクールを受講するのも、スキル習得の近道になります。

これからまだまだプログラマーの需要は伸びます

5G、自動運転、AI・・など、近い将来に生活を激変させる新しい技術が開発され続けています。それらを作るのも利用するのもプログラムが必要です。これから先、ますますプログラマーの需要は増え続けるでしょう。

社会人経験を積んで、実社会のこともプログラミングのことも理解できる人材が必要とされる時代です。40代50代になって、仕事人としての実績を残した上でプログラミングがわかれば、ますます活躍の場が広がることは間違いないでしょう。

藤原和博さんがその著書「100万人に1人の存在になる方法」で、必要とされる人材になる方法を説いています。その著書では、「100に1人」のスキルを3つ身につければ、100×100×100 で100万人に1人の存在になれると説いています。100万人に1人とは、日本でいうと同じ年齢の中でただひとり、と同義です。

40代までに二つの仕事で「100人に1人」になっておられる人でしたら、これにプログラミングを加えれば「100万人に1人」になれます。ひとつの仕事に打ち込んでこられた人は、プログラミング+あとひとつで「100万人に1人」です。同世代で唯一の存在になれば、これから先仕事で困ることはまずなくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、プログラミング学習を始めるのに40代は遅くない、という話題について考えてみました。

何かを始めるのに遅すぎるということはありません。思い立ったが吉日です。せっかく思いついたことを年齢を気にして諦めるなんてもったいなさ過ぎます。プログラミングも思い立ったときがはじめ時です。途中でやめても失敗しても、行動を起こすだけで人生にとってプラスになります

何かと忙しくて動かない理由ばかりが上手になっていく自分の脳を、なだめすかしてまず一歩、前踏み出すことも必要ではないでしょうか。長い人生、失敗しながらのんびり歩いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました