「パチンコ辞めたい助けて!」ってなったときが辞めどきです

健康

こんにちは、じじグラマーのカン太です。
パチンコから逃げ続けながら、週末プログラマーをしています。

「パチンコやめたい」と思っているのに、「パチンコに行きたい」という衝動に勝てずにパチンコ屋へ通いつめる地獄のような生活を30年ほど続けてきました。

そんな僕でもここ2年ほどはパチンコから遠ざかることができています。
今回の記事では、「パチンコ辞めたい助けて!」となったときにやるべきことを、体験談を交えてお伝えしていきます。

「パチンコ辞めたい助けて」となったら

「パチンコ辞めたい助けて」となってしまったあなた、まずは落ち着いてください。パチンコで勝ったにせよ負けたにせよ、罪悪感で苦しめられてこのサイトを見ておられるのではないでしょうか。自分の意思の弱さを嘆き、自分を全否定する気持ちでいっぱいになっておられるかもしれません。

安心してください。パチンコは辞められます。

僕も長い長い間、パチンコに苦しんできました。勝っても負けても辞めたい辞めようと思うのに、どんなに固く決心しても翌日にはパチンコ屋に通ってしまう、そんな生活を30年ほど続けてきました。家族や友人に嘘をつき、手をつけてはならないお金を手にしてパチンコをする。そして、そんなことをしてしまった自分を責め自己嫌悪に苦しむ、といった地獄のような生活です。

僕と同じように苦しんでこのサイトにたどり着いたあなた、本当におつかれさまです。こんな僕でも今はパチンコなしの平穏な毎日を暮らすことができています。何度でも言います。

安心してください。パチンコは辞められます。

「パチンコ辞めたい、だれか助けて!」となったときが本当のやめどきです。

僕がどのようにしてパチンコなしの平穏な毎日を送れるようになったか、主に精神面からのお話を紹介いたします。

パチンコ依存症であると認めてみましょう

「パチンコを辞めたい助けて」と本気で思うということは、「パチンコを辞めたいけど辞められない」という経験を何度か(あるいは何度も)されていることでしょう。

そんなあなたに贈るアドバイスはただ一つ、「僕(わたし)はパチンコ依存症です」と認めてあげることです。

「依存症ってほどまではハマってない」「依存症なんて意志の弱い人間がなるものだ」「依存症なんて・・バカにするな!」と思った人もいるかもしれません。しかし、「パチンコを辞めたいけど辞められない」と一度もでも思ったことがある人は、間違いなくパチンコ依存症です

毎日パチンコに行ってしまう人(僕がそうでした)から週末だけや月に一度くらい、と頻度によって人それぞれですが、「パチンコを辞めたいけど辞められない」 という人はもれなくパチンコ依存症です。

パチンコを辞める第一歩は、パチンコ依存症であることを認めることです。

自分が何かの依存症であると認めることは、なかなか勇気がいることだと思います。僕も自分が依存症だと認めるまでに相当な時間がかかりました。もちろん、認めるまでパチンコは辞められませんでした。

パチンコ依存症は、WHO(世界保健機関)も認める病気です

パチンコを辞められないのは、この病気のせいなのです。あなたの意志が弱いわけでも、人間として何かが劣っているわけでもありません。依存症という病気のせいなのです。まずは、このことをきちんと理解してください。

安心してください。パチンコ依存症でもパチンコは辞められます。

パチンコ依存症は治りません

いかがでしょう。依存症であると認めてあげることはできましたでしょうか。
もしかすると、 パチンコを辞める上で依存症であると認めることが一番難しいことかもしれません。とりあえずでも疑いながらでもかまいませんので、自分は依存症であると認めてみてください。

自分は依存症であると認めることができたら、次の一歩です。

「パチンコ依存症は治らない」と知ってください。

パチンコ依存症は病気です。軽い重いといった状態の変化はあったとしても、病気が完治することはありません。それを肝に銘じてください。

一定期間パチンコへ行かなくなったので自分はパチンコ依存症を克服したと勘違いし、ちょっとだけ楽しむつもりでパチンコ屋へ行ったら、そのままズルズル元のパチンコ漬けの毎日へ逆戻り、なんて経験はないでしょうか。僕は何度もありました。

一度パチンコ依存症になった人は、一生パチンコ依存症は治らないと考えてください

パチンコ依存症になったことがある人は、「友達とのつきあいで」「趣味として」といった理由でパチンコを楽しむことはできません。意志の強い弱いではありません。脳がそのような構造に変わってしまっているのです。あの音と光の洪水の中で理性を保つことなどできないのです。どれだけ辞めていた時間が長くても、一度でもパチンコ屋へ足を運んでしまえば元の状態に戻ってしまうことを忘れないでください。

安心してください。パチンコ依存症は治りませんがパチンコは辞められます。

パチンコは辞められます

いかがでしょう。「僕(わたし)はパチンコ依存症です」と認めた上で、「パチンコ依存症は治らない」ということをご理解いただけましたでしょうか。

安心してください。パチンコ依存症は怖い病気で治りませんが、パチンコは辞められます。

パチンコ依存症は治らなくても、パチンコを辞めることはできます。僕が実証済みです。2年以上パチンコから遠ざかっている僕ですが、今からパチンコ屋へ行けばパチンコ漬けの毎日に戻ってしまいます。変な言い方ですが、パチンコしか考えられない生活に戻ってしまう自信があります。意志が弱いからではありません。病気だからです。

パチンコ依存症になってしまっことは不運ですが、自分を責める必要はありません。僕もパチンコ依存症ですが、それは僕の何かが悪かったわけではありません。何かの病気になったときそれを意志の弱さや人格のせいにまでする人はいません。パチンコ依存症も同じ病気のひとつです。僕やあなたの意志の弱さやましてや人格に問題があったわけではないのです。

僕(わたし)はパチンコ依存症です」と認め「パチンコ依存症は治らない」と、ご理解いただけましたでしょうか。趣味としてパチンコを楽しむことはできないということもご理解いただけると思います。

そこまで腹の底からご理解いただけましたら、自然とパチンコ屋から足が遠のくことと思います。長い長い間パチンコに苦しめられきた僕が、今現在パチンコを辞められているのは、このようなことを理解したからです。パチンコ依存症であっても、たとえ一生依存症が治らなくでも、パチンコを辞めることはできるのです。

安心してください。パチンコは辞められます。

まとめ

いかがでしょうか。僕の体験談を交えながら、パチンコを辞める方法を主に精神面からご紹介しました。

「パチンコ辞めたい助けて」という状態になってしまったときが、本当の辞めどきだと思います。

何度失敗してもかまいません。僕も何度も何度も辞めようとして失敗しました。でも、あきらめないでください。必ずパチンコは辞められます

パチンコなんかしなくても普通の生活は送れます。ほんの30分の空き時間、千円の所持金さえあればパチンコ屋へ入り浸っていた僕が言うのだから間違いないです。

あなたやあなたの大切な人が、一分でも一秒でも早くパチンコのない平穏な毎日を送ることができますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました