50代の副業 そのメリット5選

生活

こんにちは、じじグラマーのカン太です。
夢のリタイヤ生活を目指しながら、週末プログラマーをしています。

人生100年時代らしいです。60歳で定年を迎えて以降は夢のリタイア生活、を夢見て社会に出てから30年。なかなかそううまく逃げさせてもらえないのが、アラフィフの団塊世代ジュニアです。

定年後のお金の問題もしかり、仕事の問題もしかりで生活の悩みはなかなか尽きません。仕事とお金の両方を解決すべく副業を始めてみましたが、やってみてよかったと思うことが多々あります。

そこで、50代で副業をしている身として実感しているメリットを紹介していきます。

では早速はじめましょう。

収入が増える

50代の副業のメリット、そのひとつ目はズバリ「収入が増える」ことです。当たり前ですね、働くのですから。本業以外の収入が増えると、こころにもふところにも余裕が生まれます。せかせかした生活の中でイライラしながら生きている50代にとって、ほんの少しの余裕が生活の質を向上させます。

本業以外の収入があることによって、思った以上に普段のメンタルが向上します。ぜひ実感してみてください。

気力体力が充実する

50代の副業のメリット、その二つ目は気力が充実することです。副業をはじめると、本業以外の「やらなければならないこと」が増えます。本業+副業で時間の使い方を考えなければなりませんし、時間を有効に使おうという意識が自然と芽生えてきます。不思議なことに、やらなければならないことが増えると、気力が充実しさらには体力まで向上したような気になります

人間忙しくなるとそれに対応できるように、精神や体が強くなるものなのでしょう。だからといって、若いころのように無茶はききませんので、限界以上の副業を増やすことは控えましょう

ダラダラ過ごしてしまう時間がなくなる

50代の副業のメリット、その三つ目は自由時間が少なくなることです。それでなくても忙しい本業にプラスして副業にまで手を出すと、自分の時間が少なくなるのは当然です。休日ともなれば、昼までダラダラ寝て過ごし一歩も外へ出ることなく一日が終わる、なんて生活はできなくなるでしょう。

これは、デメリットのように見えてメリットでもあります。規則正しいハリのある生活こそが、50代の気力体力を維持するためには必要です。副業をはじめることで、ダラダラとした生活からおさらばできることは、まちがいなくメリットであると言えるでしょう。

本業にいい影響が出てくる

50代の副業のメリット、その四つ目は本業にもいい影響が出てくるということです。本業に近い業種の副業を選らんだ人は、その副業をすることによって本業の知識や経験が深まることでしょう。また本業とは関係のない副業を選らんだとしても、本業を別の視点からとらえることができるので、自分の仕事に幅を広げることに貢献してくれるはずです。

僕の場合は本業とは全く関係ありませんが、副業をすることで本業のお客さまへのつながりが強くなり、本業での仕事も増えるといったような好循環を生み出すことができています。

新しい人間関係が作れる

50代の副業のメリット、その五つ目は新しい人間関係が作れるところです。本業とは別のお客さまや同業者と仕事をすることで、今までとは違った職種の人と関係をもつことができます。この人間関係は会社とは別のところで築きあげていくものですので、転職や退職をしたあとでも続けていくことができます。

会社の名刺がなくてもあなた個人の信用で仕事ができるようになる、これが50代で副業することの最大のメリットであると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、50代で副業をすることで得られるメリットを、僕自身の経験を踏まえて紹介しました。前回の記事「50代の副業 そのデメリット5選」で紹介したものと表裏一体になっているものがほとんどです。

50代での副業はデメリットもありますが、それ以上にメリットの方が大きいと思います。ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの副業はこちらの記事「50代から始める副業 おすすめ副業5選」をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました